<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

☆GP38-2形ディーゼル機関車…車体部製作(その3)

a0254664_17332071.jpg
☆車体部製作──塗装前段階としての“仕上がり”と断ずることはできない段階ではありますが、まぁ目処はたったかと思います。キャブ(運転台)の一部にもなる側板(サイドプレート)的な真ちゅう板を取り付ける工程で、苦労しましたが、何度もトライしているうちに何とかなりました(^^;。いやぁ最後は殆ど“力技”でした…。


a0254664_17345019.jpg
☆どこに取付けたら良いのか、理解できない細かなパーツが、2、3残っておりますが、大勢に影響はない…トコロまで追い込んでくることができました。


a0254664_1735369.jpg
☆手すり等の細かなパーツは、塗装が終わってから取付けることにしています。


a0254664_17351870.jpg
☆こちらは実車写真(ネットで検索)。
a0254664_17355627.jpg
☆似たようなアングルからモデルを撮影──組立そのものよりも、作業環境的(ラボ内は酷暑ですから…エアコンは音立てるばかりで利きが悪いし…)に苦労しましたが、ここまで出来上がってくると、早く仕上げたくなります。今週中で組立作業は一段落──来週頭から塗装工程に移行できそうです。結構楽しみ(アハハ)。

[PR]
by cyclonengine | 2012-08-29 17:44 | ☆鉄道模型製作 | Comments(0)

◎Seven fish in the mountain stream

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by cyclonengine | 2012-08-26 18:52 | ◎毛鉤釣り/毛鉤巻き

☆GP38-2形ディーゼル機関車…車体部製作(その2)

*然程、進展しておりませんが…

a0254664_1752666.jpg
☆ディーゼル機関の排気口(車体上部の円筒形構造物)は置いてあるだけで固定してません。とある方から頂戴した、よりディティールの作り込みが精緻なパーツに交換予定。


a0254664_17505640.jpg
☆後部から撮影──車台(シャーシ)との固定も未だ加工しておりません。LEDランプをね、取付けてないので、加工できない──という次第です。ハンダ付け時に固着部以外に流れたフラックスによる錆び(緑青的なモノ)すら残ってます(ステップ部参照*笑)。これだけ暑いと酸化も早くて苦労します。ハンダ付けが終わったら、直ぐに水道水で洗えば良いんですが、ついついサボりがち──酸化した(錆びの出た)部分の仕上げは結構苦労するので洗浄は怠らないようにしないとダメですね~。


a0254664_17511195.jpg
☆それでも、ここまで組み上がると作業の先が見えるようになり、より楽しくなります。…まぁ各種ヤスリ掛けを繰り返すことに違いはありませんが、粗仕上げから少しずつペーパーの番手を上げていくことは、つまりは最終仕上げに移行していくわけで、早く塗装したい身としては、それが楽しみ──というわけです。

[PR]
by cyclonengine | 2012-08-24 17:59 | ☆鉄道模型製作 | Comments(0)

☆GP38-2形ディーゼル機関車…車体部製作

a0254664_18431796.jpg
☆“GP38-2”ロードスイッチャーの車体を載せる基台に前後の構造物を取り付けて仮組み。


a0254664_18434025.jpg
☆更に車体部──完全に組み上がってはいません──を置いてみます。


a0254664_1844929.jpg
☆後部から撮影──こうしてみると基台の中央辺りがエアタンクと干渉し、平面が損なわれていることがわかります。エアタンク周辺はヤスリ掛けする必要があります(^^;。


a0254664_18442490.jpg
☆随分と完成に近付いてきた感じではありますが、窓ガラス、ヘッドライトは自分で用意しないとダメな部品構成となってりますので、(適切な)LEDランプを購入、取付け、配線。そして窓ガラスは適当な透明アクリル板を正確に窓の形に加工してはめ込む作業が待っております。ここから時間が掛かるんですよね~。


a0254664_1985358.jpg
*実物の写真(1)


a0254664_1991876.jpg
*実物の写真(2)……この辺りを参考にして組み立てております。

[PR]
by cyclonengine | 2012-08-21 18:55 | ☆鉄道模型製作 | Comments(0)

◎酷暑─雷雨─驟雨─日没まで

a0254664_1882353.jpg
◎先週の土曜日、愛知県新城市内を流れる渓流に出かけてきました。同行のアダミスさんが日釣り券を購入する間、こんな写真を撮影──まぁ暇つぶし。


a0254664_1884141.jpg
◎少しでも水温の低そうな流れを求めて谷筋に入りますが、水温20℃──ぎりぎりってトコロでしょうか。谷筋ではありましたが、携帯の電波状態が宜しかったので、日陰で涼みながら、冒頭写真とこの写真をFaceboookにアップしておりました(アハハ)。


a0254664_189714.jpg
◎テレストリアル(陸生昆虫)系のフライ中心のローテーションでポイントを攻めますが、1時間経っても反応らしい反応はありません。写真はアダミスさんの勇姿。


a0254664_1892439.jpg
◎アダミスさんが攻めていた写真中央──対岸の岩に付き当たる流れ。アダミスさんの左横の岩に腰掛け、例によって講釈を垂れ続けるブログ主。「対岸ギリギリがイイと思うなぁ~」「岩に当たって巻いている流れにフライを乗せて…」なんて、唯の口うるさいオッサンになりきっていると出ました──大きく開けた口、そして背中を見せて潜る良形イワナ──絶妙のタイミングで合わせた筈のアダミスさんのロッドがしなることなくフライは宙を舞います。

クールダウンの後、アダミスさんも僕も攻めなおしましたが、一瞬水中にイワナの姿を確認することが出来ただけ。ですが、この谷筋で良形イワナを確認できただけで随分嬉しくなったのは事実。あ~だ、こ~だ…と講釈付けての攻略?も楽しいモノでございました。


a0254664_1894180.jpg
◎20メートル程上流でアダミスさんが釣ったアマゴ。この谷筋らしい美麗なアマゴに更に感激。

*この日、バッテリー充電中のデジカメを自宅に置き忘れてしまい、全ての写真はi-Phone 4Sで撮影しました。

*午前中は相当なる酷暑の中での釣りとなり、更に高度を稼ぐタメに朝一番で入った谷筋から更なる上流部(違う谷筋)を目指しました。その谷筋で釣っていたトコロ、雨雲らしき灰色の雲が多くなったと思ったら大きな雷鳴。雨が降り始めたわけではありませんでしたが、アダミスさんと相談の上、釣りを切り上げて車に戻り車内でランチを頬張っていると、大粒の雨がウィンドウを叩き始めました。国道に出て、見つけた喫茶店に入りコーヒーをオーダーした途端、強烈な雷ゴロゴロ。喫茶店に入ったことは大正解だったようです。

a0254664_1895615.jpg
◎喫茶店で一時間半程度釣り談義なんぞで盛り上がっていると雨は小降りとなり、雷雲は去りました。そして、朝通り過ぎた渓に立ったのは午後4時頃──日没まで釣り続けました。アダミスさんはこの渓でも数尾のアマゴ、イワナを釣り上げてご満悦。

*ブログ主は「一尾、釣れればイイや」と思って渓に立ちましたが、結果はその通りになりました(笑)。新しいランディング・ネットに初めて入ってくれたイワナは6寸──当然写真撮影と思いましたが生憎驟雨から少し強い降りが続いている時だったタメ、防水バッグからi-Phoneを取り出すことに逡巡し、撮影することは叶いませんでした。なぁに、次回尺上イワナで記念撮影しますから、その時までのお楽しみってことで後悔はしていません(笑)。

[PR]
by cyclonengine | 2012-08-20 23:06 | ◎毛鉤釣り/毛鉤巻き | Comments(2)

◎新しいランディング・ネットが届いた

a0254664_1746927.jpg
◎フィジカルな理由(…まぁ五十肩なんですけど…)からのブランク(二年)を経て、今シーズンからリスタートしたフライフィッシング。この釣りでは、釣ったお魚が印象に残ったり良形だったりすると、ランディング・ネットに収め写真撮影することが一般的。当然、僕も嬉々として撮影に勤しむことも多いわけで…。手編みネットのテイストにも捨てがたいモノはありますが、“釣った渓魚を傷つけない感じ”がありありのリリースネットを使ったランディングネットが欲しいとオーダーしていたブツが届きました(嬉)。


a0254664_17464556.jpg
◎予想を遥かに上回る銘木のテイストとリリースネットのジェントル具合(見た目&手触り)に満足。


a0254664_1747529.jpg
◎(全ての渓流ってわけではありませんが…)9月末日まで渓流釣りは楽しめますので、残り一ヵ月半、存分に楽しみたいと思っております。このネットに収まりきれない程の良形イワナ、アマゴが釣れればなぁ…と思いますが、大体に於いて、そういった欲求を持って釣りに行っても思い通りにはならないことが多いようで(笑)。サイズにこだわらず、肩の力を抜いて釣り自体を楽しむようにしないとダメ…なんて自戒を込めつつも、七月後半から天候不順で釣りに行ける日があっても中止にしたこと度々──このランディング・ネットをベストの背中にぶら下げて釣りに行く日が楽しみで仕方ありません。

[PR]
by cyclonengine | 2012-08-14 18:15 | ◎毛鉤釣り/毛鉤巻き | Comments(2)

△オフな一日

a0254664_11402315.jpg
△お盆…なう

*やる気満々なれども、本日は全部の体内スイッチをオフ──鉄道模型製作も行わず、当然釣りにでかけることもなく、早朝より市内の霊園まで出向きお墓の手入れ…そしてご先祖様をお迎えしご挨拶。オリンピック観戦で続いた睡眠不足も甚だしい日々の疲れを癒すため、自宅に帰ってからはだらだらと過ごすことに(涼しい部屋で寝たり、DVD観たり…です)。個人的脱線モードではありますが、早起きしてお墓にお参り、帰宅すればシャワーを浴びてすっきり──それからお昼寝する──お盆の正当なる過ごし方…のひとつなのではないでしょうか(アハハ)。

[PR]
by cyclonengine | 2012-08-13 11:50 | △個人的お祭り(脱線)モード | Comments(2)

☆スペシャルなツール(工具)

a0254664_20191837.jpg
☆これは「ポケット・ベンダー」という商品名の“折り曲げ工具”。真ちゅう板なら厚み1.6mm程度まで折り曲げることができる簡易工具です(幅は50mmまで)。


a0254664_20182811.jpg
☆曲げたいパーツを上写真のごとく(正確な位置に)しっかり固定して──。


a0254664_20193566.jpg
☆ぐいっと曲げます(加工した後正確な90°になるようスプリングバックを見込んでより深く曲がるようエッジ部が工夫されています)。


a0254664_20195653.jpg
☆で、曲げ加工が終わったパーツ。


a0254664_20201879.jpg
☆ロードスイッチャー“GP38-2”…ボディのパーツ。こんな感じで所定の位置に収まります(ハンダ付け固定する前段階なので隙間がありますがご容赦ください)。

*バイスに真ちゅう板を挟んでハンマーで叩けば、まぁ折り曲げることはできますが、表面に傷が付くし、工作としては少しばかり強引──なので、こんなスペシャルな工具が役立ちます。



a0254664_20204016.jpg
☆このキットは40年以上前に(米国で)製造販売されていたものですから、真ちゅう板の余白(?)はモデラー自身でトリミングする必要があります。現在であれば、レーザー加工で余白無し&しっかり切り抜ことができ、英国製鉄道模型キットなどはそんな加工が施されていますが、そこは前世紀のテイストということで、モデラーがシコシコと余白をトリミングしていくことになります。


a0254664_2020585.jpg
☆そこで使うのはパーツの上に鎮座するパネルに「方形の切欠き」を穿っていくツール。


a0254664_20221175.jpg
☆真ちゅう板のケガキ線へ正確に刃を当て、グリップをぐいっと握るだけ──。


a0254664_20211735.jpg
☆写真のパーツ、右側に切欠きができているのを確認いただけるかと。結構力要りますし、30センチ程の上記パーツの全周で幅5mm程の切欠きを加工していくのはチマチマ作業を何回も行う必要がありますから楽ではありません。単なる直線状に余白を削るということであれば、ベルトサンダー等を使って短時間で仕上げることができますが、このパーツのような形状の場合には、こんなツールを使います。全部をヤスリ掛けで仕上げるのはちと骨が折れ過ぎ且つ時間的に無駄が多過ぎますし、体力的にも無理──なので、時にはスペシャルな工具が役立つ──ということでございます。

[PR]
by cyclonengine | 2012-08-10 20:50 | ☆鉄道模型製作 | Comments(2)

☆GP38-2形ディーゼル機関車…車台部製作(その2)

a0254664_23254955.jpg
☆ロードスイッチャー“GP38-2”の車台部の塗装──第一段階が終了。駆動部は凸凹が強調されるようにウェザリング的塗装を追加予定(多くの実車写真を見た段階でイメージしていた塗装色と若干仕上がりが違っていた…という理由もあります(^^;)。


a0254664_23321454.jpg
☆駆動台車部(フロント)のアップ。単色だと、やはりのっぺりとした仕上がりになってしまうようです。

*このキット、中古品で組立説明書(図)が同梱されておらず、少々苦労しております。が、その辺りが面白いと思って組立に勤しんでいます。ミステリーを読んで結末を想像することに似ている部分もあり、まぁ単にそんな作業が好きってことなんでしょう。


a0254664_23312471.jpg
☆組み立てる際に役立ちそうな実車の写真を探して印刷しホワイトボードに貼り付けて眺め、細部を確認しながら作っていく過程が面白いわけです。で、随分(楽しい)時間をかけたおかげで用途不明のパーツは残り2個…まで進行しております。ただ、残り2個とは言え、そのパーツの用途(取付位置)が全くイメージできない……ひょっとして詰んでますかねぇ~(笑)。なんてネガティブ思考などする筈もなく、お盆休みにグーグル先生のお世話になれば何とかなるでしょう──と楽観しております。お盆ですからね、釣りに出かけるわけじゃないので時間はあります(本当はこのトコロの暑さで釣りに出掛けるモチベーションがだだ下がり──ってだけなんですが(^^;)。

[PR]
by cyclonengine | 2012-08-09 23:51 | ☆鉄道模型製作 | Comments(2)

☆Southern Pacific 0-6-0 Switcher

a0254664_19125431.jpg
☆50年程前の「OゲージSLキット」のリメイク版──“Southern Pacific 0-6-0 Switcher”を入手しました。


a0254664_19132959.jpg
☆米国から代理購入し、持ち帰っていただいたお方(dda40xさん)のご自宅で、同形蒸気機関車モデルを撮影。


a0254664_19135413.jpg
☆モデル・メーカーのWEBサイトから拝借した蒸気機関車とテンダー(炭水車)の完成写真。


a0254664_19142859.jpg
☆早く製作に取り掛かりたい気持ちに満ち溢れてはおりますが、現実にはアメリカンなディーゼル機関車GP38-2の完成後──となります。ラボ内は鉄道模型製作への情熱以上に自然現象の熱気で堪らなくヒートアップ中。毎日タオルを頭に巻いて鋭意作業継続しておりますが、少しばかり疲れ気味。熱中症になってへばりきってしまうのは考え物──なので、もう少し熱気が収まってからじっくり取り組もうと考えています。まぁ体力、気力の限界点が低いオッサンなのでご容赦ください。

[PR]
by cyclonengine | 2012-08-04 19:32 | ☆鉄道模型製作 | Comments(4)


いろいろあって始めてしまったOゲージ鉄道模型製作LOG/時々FLY FISHING-LOG


by cyclonengine

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
☆鉄道模型製作
◇リアル鉄ちゃん体験
△個人的お祭り(脱線)モード
◎毛鉤釣り/毛鉤巻き
□フィクション

以前の記事

2017年 04月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

岡田裕師のブログ
taro's magaz...
芦毛牝馬の馬耳東風
(続)我流・天声・を・書く
空色ファインダー
鈴木寿のブログ フライ...
行けるとこまで・・。

外部リンク

プロフィール

居住地:名古屋

*Oゲージ専門*
アマチュアモデラー
+++++++++++++++++
素人毛鉤釣り愛好家

◆◇◆ E-mail ◆◇◆

メールくださる際には@(・・)を半角@に置き換えてください。

ブログパーツ

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

最新の記事

☆ご挨拶
at 2017-04-30 11:43
□郵便配達は二度年券を買う
at 2015-05-06 17:19
☆謹賀新年
at 2015-01-01 00:11
△TABLETS
at 2014-12-31 21:23
☆鉄道模型レイアウト [周辺..
at 2014-11-13 21:30
鉄道模型レイアウト[レール設..
at 2014-10-29 21:22
☆鉄道模型レイアウト[…結局..
at 2014-09-14 18:15
☆鉄道模型レイアウト[第1ス..
at 2014-09-02 17:10
☆鉄道模型レイアウト用架台製..
at 2014-06-16 14:32
☆鉄道模型レイアウト用架台製..
at 2014-05-26 17:31
☆BR Class 03 d..
at 2014-04-22 13:53
◎Tiny Bubbles ..
at 2014-03-19 22:48
☆BR Class 03 d..
at 2014-03-18 22:15
◎思惑外れの渓
at 2014-03-03 16:12
△日本丸…NIPPON MARU
at 2014-02-24 20:57
◎再挑戦──再びの渓
at 2014-02-22 19:02

記事ランキング

ブログジャンル

鉄道・飛行機
釣り

画像一覧