カテゴリ:◇リアル鉄ちゃん体験( 8 )

◇渓流で見つけた設楽森林鉄道・廃線跡ウォッチング

a0254664_1718417.jpg
◇渓流でフライフィッシングを楽しみつつ上流へ歩いているときに奇妙な物体発見。


a0254664_17183267.jpg
◇森林鉄道のレール──のようです。


a0254664_17185284.jpg
◇コンクリートに固められた?レールとか土台で形作られた奇妙な“オブジェ”。予想していない渓流の流れのど真ん中に鎮座しているので、少し驚きました。


a0254664_1719756.jpg
◇レールが上下逆になった状態です。


a0254664_17192652.jpg
◇20メートルほど上流に歩みを進めると、3メートル程の高さになにやらコンクリートの構造物まであります。


a0254664_17195268.jpg
◇よじ登ってみると森林鉄道の橋桁跡──のようです。向こう岸には石垣が確認できます(石垣を見易くするタメレベル補正を施しましたので全体が明るくなり過ぎておりますがご容赦ください)。


a0254664_17211139.jpg
◇上流を見るとちょっとした山岳渓流が続く──山深い森の中なんですが、こんな所まで鉄道が敷かれていたんですね~──相当、驚きました。というわけでこの廃線となった森林鉄道について調べてみると、「設楽森林鉄道・田口森林鉄道・本谷線」の橋桁跡であることがわかりました。フライフィッシングをしていて、鉄道関連の小さな発見がある──楽しい経験でございました。


a0254664_1744036.jpg
◆今年2月、山越えした先にある違う渓流でも、森林鉄道跡について投稿しました。こちらは、「田峯森林鉄道:本線・鰻沢線──支線・栃洞線分岐点」だそうです。愛知県奥三河には沢山の廃線跡が残っているようですから、またフライフィッシングに出かけた時には探索してみます(釣りに夢中になるので無理かもしれません*笑)。

[PR]
by cyclonengine | 2012-06-09 23:40 | ◇リアル鉄ちゃん体験

◇“SL:Oゲージモデル”拝見

a0254664_201749.jpg
◇“トレインフェスタ2011”で、達人の方々が製作した“SL:Oゲージモデル”を拝見させていただきました。上写真はドイツを走行していたSL(蒸気機関車)。100年程前のSLですから、レトロな感じが良いですね。軸配置は“0-6-2”──タンク車です。

*このモデルの元となった蒸気機関車は、「ドイツ蒸気機関車」「97 210」で検索すれば見つけることができるかもしれません(大体のイメージで*笑)。“97 210”──1893年製造──元OeBB(オーストリア国鉄)に所属。ダルムシュタット鉄道博物館の動態保存機──と基本的な部分で似ております(^^;。


a0254664_20572843.jpg
◇ドイツの蒸気機関車を調べるのなら、まずはこんなムック本で──世界中のSLファンの憧れ、ドイツ蒸気機関車のすべて!200両以上の蒸気機関車が保存運転に活躍しているSL王国ドイツ。そのドイツSLを、鉄道写真家が写真と文章で紹介する究極のガイド──キャッチコピーに釣られ「アマゾンでポチっとな!」しちゃいそうでございます。


a0254664_19591381.jpg
◇こちらは日本のSL──C53。軸配置は“4-6-2”。C53形蒸気機関車は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省がアメリカから輸入したC52形を解析のうえ、国産化した3シリンダー型のテンダー式蒸気機関車だそうです。 愛称はシゴサン。


a0254664_19564745.jpg
◇これは日本のSL──C11。軸配置は“2-6-4”──タンク車。


a0254664_2034859.jpg
◇手前が“C11”、向こう側に“C53”。


a0254664_205051.jpg
◇“C11”を撮影し易い位置に置いてくださいましたので、パチリ──有り難いものです。


a0254664_206245.jpg
◇“C11”の実物は大井川鉄道で何枚も撮影してきました(昨年12月)。実物を見たことがあると、模型に対しても愛着がわきますね(模型は僕のモノではないのにも関わらず*笑)。


a0254664_2083958.jpg
◇英国の蒸気機関車と米国のディーゼル機関車を製作中ですが、日本の“蒸気機関車”も作ってみたくなります。“C11”のOゲージキットは、時折ネット・オークションに出品されることがあるそうですから、気になります。あ~またキットが溜まっていく(^^;。

[PR]
by cyclonengine | 2012-05-21 20:11 | ◇リアル鉄ちゃん体験

◇JR名古屋駅新幹線ホームからSL撮影…

a0254664_1873478.jpg
◇これはJR東海:名古屋駅新幹線(東京方面行き)ホームから写した写真。大きく写っているのは“あおなみ線”のホーム。

◇来年1月か2月、あおなみ線でSL(蒸気機関車)走行試験が行われると報道されたのは今年1月(当然ローカルニュースなので初耳ってヒトも多いことでしょうが(^^;;)。名古屋市長発案で第一報を聞いたのは2011年7月頃でしたが、まぁその時は「面白そうだけど実現出来るのか?」でございました。で、今や1年後には試験走行って時期まで発表され予算も議会を通過したそうです。

※名古屋市などが出資する名古屋臨海高速鉄道「あおなみ線」(名古屋-金城ふ頭、全長15.2キロ)の一部区間で、同市が12年度に蒸気機関車(SL)を試験運行させる方向で最終調整に入った。
12年度当初予算案に関連経費数千万円を盛り込む。JR西日本から「C56」か「C57」の機関車を借り入れ、機関士、整備士も派遣してもらう方針だ。(2012年1月5日付毎日新聞より抜粋)


◇JR東海(本社名古屋市)は、東海道新幹線を軸として東海・甲信・近畿地方および神奈川県の一部に路線を持っていますが、売り上げの85%を占める(日本の鉄道の大動脈である)東海道新幹線[東京─新大阪]を運営しているだけにSLを保有していません(東海道新幹線だけに特化した鉄道会社ってことなのでしょうか)。で、JR西日本から借り入れることになったそうですが、まぁ本ブログ(=私個人)としては“あおなみ線”にSLが走ることに対して「実現の可能性は?」とか「高架線をSLが走っても…」なんて(否定的な)意見を述べるつもりは毛頭ございません。単純に冒頭写真のホームにSLが停車していたら面白い構図になりそう……と期待しているだけです(笑)。“あおなみ線 SL”で検索すると色んな記事・見解が出てきますので、興味のある方はお試しください。


a0254664_18272238.jpg
◇カメラを左側(北側)に向けるとこんな感じの風景になります。こんな風景(ランドマーク)をバックにSLを写真撮影する──個人的には結構新鮮なイメージを抱いてしまいます。試験走行するのは6キロ足らず…と大した距離ではありませんが、停車しているSLを思い描くと──それだけで“撮り鉄”の方々ばかりでなく、新幹線ホームに降り立つ一般の人達からも熱い視線が浴びせられるのではないでしょうか(^^;;。

※河村市長の言葉を借りると(2011年7月初旬の新聞記事より)、「新幹線に乗ると、あおなみ線のホームはすぐ隣。あそこにSLあれば、みんなが『ええなあ』と思うはず」。……直ぐにプロジェクトチームを発足させ、2012年度には走らせたい……とのことでした。市長の狙い通りの感想を持った訳ですね、私の場合(笑)。



a0254664_1828664.jpg
◇なんてことを考えて写真を撮っていると「のぞみ」がホームに滑り込んできました。──新幹線ホームに立ち、デジカメで“あおなみ線”ホームの写真撮影をしていると、変なオッサンだと思われてるかもな…なんて少し恥ずかしい気持ちにもなったんですが、写真撮影していたのは僕だけではなかったようでヒト安心(笑)。この「のぞみ」に乗車したわけではなく、次の「こだま」に乗って目的地へ向かいました。──ということでオシマイです。
m(__)m
[PR]
by cyclonengine | 2012-02-20 18:46 | ◇リアル鉄ちゃん体験

◇“撮り鉄”をOゲージでやってみる

a0254664_19393522.jpg
◇製作途上だった“DB202型ディーゼル機関車”をとあるイベントに持ち込んだは良いけれど、モデラーとしての矜持(笑)から、きっちりピントの合った写真撮影をする気になれず、苦肉の策で走行中を色んなシャッター速度で撮影して“動き”を見せてみました──なんてエクスキューズまみれのエントリーで逃げようと何枚も撮ったうちの一枚。何が何だかわからないけれども“動き”はご理解いただけるかと──。鉄道模型の楽しみの一つである“走行時の迫力”は表現できている気がしないでもありません(^^;;。


a0254664_19453761.jpg
◇アングルを変えて撮影──「2秒セルフタイマー」使用。それ故、車両が狙った位置に来るかどうかは運次第(笑)。加えてピントを合わせたのはレールの向こうの電気機関車…なんてふざけた写真も動きがあるとそれなりに味のある仕上がりになったようなしないでもありません(こんなエクスキューズばかりで恐縮至極でございますm(__)m)。


a0254664_19501926.jpg
◇二日間のイベントの終了間際に撮影。会場全体を写しましたが“通りすがりの方々”が多く写っていたタメ、写真の上半分はカット(^^;;。

◆長径3メートル余×短径2メートルのレール・レイアウト、我が作業ルーム内に置くと中央部の殆どを占め、壁際に追いやられての模型製作が強いられますが、広いイベント会場だとホンの一角を占めるだけの…相当迫力に欠けるサイズと成り下がってしまいます(笑)。会場を訪れる“通りすがり”の子供たちに鉄道模型のコントロール(といってもこのレイアウトじゃゴー&ストップ/前進・後退/車両によってはホイッスルを鳴らす…位しか制御できませんが(^^;;)を教える合間に楽しんだ、小型のデジカメでローアングルから模型車両を狙って撮影するモデル限定“撮り鉄”体験、動きの乏しい被写体ばかりを狙って撮影していた頃に比べまた違った面白さがあることを発見したイベントとなりました。──それにしても、二日間を子供相手に過ごし疲れきったことは紛れも無い事実(ヒト様のお子様だけに苦労は計り知れないものがありますぜ…orz)。昨夜、エントリーしようと思っていましたが、帰宅後後片付けを終えた後に即寝(笑)。またまたお茶を濁すようなエントリーになったことをお詫びしてオシマイとさせていただきます。
[PR]
by cyclonengine | 2012-02-13 19:58 | ◇リアル鉄ちゃん体験

◇標準軌と狭軌──日常的プチ“乗り鉄ちゃん”

◇鉄道マニアの代表的カテゴリーに“乗り鉄”と“撮り鉄”があるそうです。“乗り鉄”とは、鉄道を利用した旅をしてお気に入りの列車に乗ることをメインに。そして、“撮り鉄”とはお気に入りの(蒸気・ディーゼル・電気)機関車に引かれた貨車・客車を含め、写真撮影する鉄道マニアのことを指します。


a0254664_21321256.jpg
◇雨が止み自転車での移動が楽になり、ふと思い立って出掛けた帰路の風景。名古屋市地下鉄“本郷”駅で撮影。東山線なので標準軌【1435mm】です。


a0254664_21332136.jpg
◇名古屋駅で名鉄に乗り換えて到着した仕事場への最寄駅“山王”ホームから新幹線を撮影──新幹線以外は狭軌【1067mm】──名鉄は狭軌、JR東海道線その向こうに見えるJR中央線も狭軌です。


a0254664_21334757.jpg
◇で、新幹線(700系─東京行き)は通過していきました。


◇現在製作中のDB202型ディーゼル機関車の下塗り(エポキシ系塗料)が──食器乾燥機を作動させ48時間以上乾燥させているのにも関わらず──しっかりと生地(真ちゅう)に定着しているとは言えず(自己判断です)、以前(相当に*(^-^;)から引き取りに行かなくちゃと気になっていたブツを引き取りに出掛けました。ネタ不足故のイージーエントリーで恐縮です。明日はイエローカラーに染まったディーゼル機関車模型の写真をアップできると思いますので、暫しのご猶予をお願いしますm(__)m。
[PR]
by cyclonengine | 2012-02-07 21:47 | ◇リアル鉄ちゃん体験

◇リニア・鉄道館

◇昨年末──クリスマスイブの前日(要するに12月23日…です(^-^;)──この時期に鉄道車両をチェックするなんてのは鉄ちゃん&鉄子さん(共に候補生)…ならでは。隣接する会場(ポートメッセなごや)で名古屋モーターショーが開催されているのにも関わらず“リニア・鉄道館”だけ(笑)を訪問してきました。

a0254664_19144566.jpg
◇「ハチロク」より「シロクニ」…写真手前のC62形蒸気機関車をマニアの方は“シロクニ”と呼ぶそうです。エントランスを抜けると新旧気動車のシュール(?)な組合せに遭遇。SLから一足飛びにリニア新幹線(実験車両)かいな(^-^;。──と思いがちですが、速度世界記録トリオが並んでいる──(手前のC62は)狭軌鉄道の蒸気機関車としての世界最高速度(129km/h)を記録、(真ん中の新幹線試験電車300Xは)電車方式による当時の世界最高速度(443km/h)を記録、(奥の超電導リニアMLX01-1は)2003年、山梨リニア実験線で、鉄道の世界最高速度(581km/h)を記録した──とのことです。

a0254664_19265112.jpg

a0254664_19272321.jpg
◇SLとリニアの中間時期に活躍した機関車群はメインホールに多数展示してあります。

a0254664_19292371.jpg
◇ぶどう色に塗られたレトロな電気機関車、これ系の電気機関車のOゲージ模型は50年以上前日本製で存在していました(幼少のみぎり、遊んだ記憶があります)。この電気機関車はEF58(マニアの方は“ゴハチ”と呼ぶそうです)で、1950年代から1970年代にかけ、東海道・山陽本線や高崎・上越線、そして東北本線黒磯以南といった主要幹線において、旅客列車牽引の主力として用いられた──そうです。


a0254664_19374890.jpg
◇丸っこい外観を持つ旧式なる電気機関車に興味が無いわけではないのですが、パンタグラフ作るのが大変そう──なので、今のところ製作する気にはなっておりません。

a0254664_19413794.jpg
◇電気機関車っぽい外観を持ったこの車両。良く見ると煙突が……。

a0254664_1942818.jpg
◇前部にはなんとボイラーが鎮座。ディーゼル機関ではなく、蒸気機関で走る機関車──SLの変形。機関室兼運転手席…後ろには客席が続くわけですが、夏場はお互い焦熱地獄じゃなかったんでしょうか。しかりながら、鉄道黎明期ならではの逞しさが感じられます。う~ん、製作意欲が掻き立てられます(パンタグラフ作らなくて良いし)。実車が(入場料1000円かかるとしても)見たい時にいつでも見ることができることは模型製作に関しては大きなアドバンテージですから、いつかは挑戦してみようと思った次第。

a0254664_206272.jpg
◇せっかく訪れたので、何度も通うのに役立つ“ICカード・ホルダー”を購入。新型“ドクターイエロー”が凛々しくプリントされております。良い歳して、こんなんをハンドタオルの上に置いて写真撮影しているオッサン、結構お茶目でしょ(≧≦) ゴメンナサイ。

a0254664_19501630.jpg
◇名古屋在住だと──まぁ住んでいる地区で違うかとも思いますが──便利に使えるICカードは“manaca”となります。JR東海プレゼンツにも関わらず名古屋駅からリニア・鉄道館至近の駅(金城ふ頭)への移動は“あおなみ線”か“名古屋市営バス”となり、JR線はありません(^^;;。JR東海の“TOICA”──の出番がないのは、JR東海利用者にとっては釈然としない気持ちになってしまうような…。
◆余談ですが、TOICAとmanaca(マナカ)の乗車券機能の相互利用サービスは今年の4月21日(土)から開始されるそうです。
超ローカルな蛇足ゴメンナサイm(._.*)mペコッ。



◇で、本ブログのメインテーマについての経過報告
a0254664_2015674.jpg
◇製作中のDB202形ディーゼル機関車:Oゲージ(フル・スクラッチ)モデル。全ての外装作業が終了しているわけではありませんが、グレーの下塗り(初回)を施してみたトコロまで進捗しています。これからエンジンフードとか点検パネルの取り付け、手すり等を車体上部に取り付け、シャーシ部に関しては燃料タンク、ブレーキ装置など目立つパーツを追加し、更なる下塗りと、仕上げ塗装と進んでいく予定です。──本ブログの主題となっている関係上、製作途上でお見せできる状態とは言えませんが、ちょっとだけ掲載してみました。クレームはなし…でお願いします…。
というコトで今回はオシマイ。
[PR]
by cyclonengine | 2012-01-23 20:01 | ◇リアル鉄ちゃん体験

◇名古屋市科学館でSL撮影

◇ここ半年の間、月に一度は名古屋市科学館を訪れています。昨年11月に訪れた時、そういえばSLが屋外展示してあったんじゃと思い出し、ほんのひと時お手伝いしていた会場を抜け出してSLを撮影しました。

a0254664_20263997.jpg
◇向こう側に鎮座している名古屋市電と比べても随分と小型且つSLという範疇においてもクラシカルな趣の車体です。

a0254664_2033468.jpg
◇運転席前部にボックス状の膨らみがありますが、水を蓄えるタンクです。ちなみに機関車本体に水タンクと石炭貯蔵部を備えている、このような蒸気機関車をタンク式(タンク機関車)と呼称します。
「石炭および水を機関車本体に搭載する方式、主に小型機が多いが、4100形、4110形、E10形など急勾配線専用の大型機にも採用例がある。小回りが利くなど長所があるが、長距離運転ができないなどの短所がある。※ 」
他にテンダー式(テンダー機関車)と呼ばれ、「石炭や水をテンダー(炭水車)に積載し、機関車本体に牽引させる方式。通常、機関車本体と炭水車を分離して運用することはないが、検査時は切り離しが可能である。長距離運転ができるなど、長所があるが、一部の種類を除いてバック運転や、小回りが利かないなどの短所がある。※」タイプの蒸気機関車もメジャーな存在です。
※Wikipediaより引用。

a0254664_20341635.jpg

a0254664_20343892.jpg
◇運転席(室)後ろが石炭を置くトコロになります。大量に積載できそうもないので、長距離は無理ってことがよく理解できます。

a0254664_20353968.jpg
◇B6型蒸気機関車──上記のようなヒストリーを持つ車体だそうです(手抜き(≧≦) ゴメンヨー)

a0254664_20405841.jpg
◇当然、こんな部分のアップ写真撮影が殆どで、上にアップした写真はマイナーな写真ばかりです(笑)。撮影した時間帯が日暮れ時だったので、それなりにアーティーなアングルなど考慮すれば狙えたかもしれませんが、模型製作に役立てようと意図するとこの類の写真ばかりとなります。

a0254664_20463775.jpg
◆本ブログのコンテンツとはまったく無関係ですが、SLを撮影した日の直前に公開されたばかりだった「H-ⅡBロケット」も撮影。逆光ですが、それなりに雰囲気は出ているかと(どんな雰囲気なんでしょう?)。

a0254664_2047969.jpg
◆国産最大のロケットだけにでかいです。詳しくはこちらをご覧ください。

◇DB202型ディーゼル機関車の模型製作の進捗状況が思わしくないため、取り溜めておいた写真を用いてお茶を濁しているようで恐縮ですが、まさにそれを狙ってますm(_ _;)m。一日に3時間程しか時間が割けないので何卒ご容赦ください。休日もいろいろ野暮用などがあって──まぁブログ更新にも時間が必要な訳ですし──丸一日模型製作に費やせる日ばかりではありません(^-^;。今週中にはフロントグリル、各パネル等を取り付けた状態のモデルを公開する予定ですので、今しばらくお待ちください(って誰も待ってないか(笑))。
[PR]
by cyclonengine | 2012-01-16 20:53 | ◇リアル鉄ちゃん体験

◇大井川鉄道でSL撮影&乗車

a0254664_18585811.jpg
◇昨年12月、大井川鉄道(静岡県)まで出掛けてSLに乗ってきました。静態保存してある蒸気機関車は名古屋市内にもあるのですが、実際に動くところを見るのは、何と20数年ぶり…その昔山口県の小郡から津和野までを走るSL「やまぐち」号を車で追いかけ撮影して以来になります(そのときは某国から来日したマニア──西洋鉄ちゃんの運転手役でしたが(笑))。乗車するより走っているSLを撮影することのほうがマニアには重要なんでしょう。実際、白煙をあげて走るSLは男祭り的美しさがあるように感じます。

a0254664_19105055.jpg
◇今回はSLに乗車するため、発車までの待ち時間は新金谷駅前にあるプラザロコ内で過ごし、静態保存してあるSLを撮影。

a0254664_19174022.jpg
◇主にこんなトコロを何枚も撮影。模型作りに役立てようとしてみます。こんな動輪&駆動用クランクピンまで自作することはあまりにも難易度が高すぎるとは思いますが(汗)

a0254664_19201418.jpg
◇冒頭写真同様、ターンテーブル上のC10。ターンテーブルは180度反時計周りで回転、直ぐに時計回りで最初の向きに戻ります。これはお客様サービスなんでしょうね。総じて大井川鉄道はサービス満点で好感度アップ。実際に乗車するのは遠方に見えている白煙をあげているSLになります。

a0254664_1926157.jpg

a0254664_19263348.jpg
◇このSL(C11)が引っ張る客車に乗車しました(日本語は正確に(笑))。始発駅でも途中の停車駅でもSL撮影で人が一杯になります。

a0254664_19301417.jpg
◇千頭駅で撮影。このなんか可愛いディーゼル機関車もいつか自作してみようと考えていますが、随分と小型の機関車なので、Oゲージ規格で製作してもちっこくなり過ぎるような気がします。

a0254664_19332459.jpg
◇陽が傾きかけるころ、新金谷駅に向けて発車しようとするSL。春の桜も秋の紅葉とも無縁な12月と言う観光には?マークがつく休日にも関わらず多くの人出で賑わっていた大井川鉄道──今度は沿線に陣取って疾走するSLを撮影してみようかと──ほんの少しですよ──考えてしまった大井川鉄道でSLを満喫した一日でした。
[PR]
by cyclonengine | 2012-01-15 19:40 | ◇リアル鉄ちゃん体験


いろいろあって始めてしまったOゲージ鉄道模型製作LOG/時々FLY FISHING-LOG


by cyclonengine

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
☆鉄道模型製作
◇リアル鉄ちゃん体験
△個人的お祭り(脱線)モード
◎毛鉤釣り/毛鉤巻き
□フィクション

以前の記事

2017年 04月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

岡田裕師のブログ
taro's magaz...
芦毛牝馬の馬耳東風
(続)我流・天声・を・書く
空色ファインダー
鈴木寿のブログ フライ...
行けるとこまで・・。

外部リンク

プロフィール

居住地:名古屋

*Oゲージ専門*
アマチュアモデラー
+++++++++++++++++
素人毛鉤釣り愛好家

◆◇◆ E-mail ◆◇◆

メールくださる際には@(・・)を半角@に置き換えてください。

ブログパーツ

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

最新の記事

☆ご挨拶
at 2017-04-30 11:43
□郵便配達は二度年券を買う
at 2015-05-06 17:19
☆謹賀新年
at 2015-01-01 00:11
△TABLETS
at 2014-12-31 21:23
☆鉄道模型レイアウト [周辺..
at 2014-11-13 21:30
鉄道模型レイアウト[レール設..
at 2014-10-29 21:22
☆鉄道模型レイアウト[…結局..
at 2014-09-14 18:15
☆鉄道模型レイアウト[第1ス..
at 2014-09-02 17:10
☆鉄道模型レイアウト用架台製..
at 2014-06-16 14:32
☆鉄道模型レイアウト用架台製..
at 2014-05-26 17:31
☆BR Class 03 d..
at 2014-04-22 13:53
◎Tiny Bubbles ..
at 2014-03-19 22:48
☆BR Class 03 d..
at 2014-03-18 22:15
◎思惑外れの渓
at 2014-03-03 16:12
△日本丸…NIPPON MARU
at 2014-02-24 20:57
◎再挑戦──再びの渓
at 2014-02-22 19:02

記事ランキング

ブログジャンル

鉄道・飛行機
釣り

画像一覧