カテゴリ:☆鉄道模型製作( 86 )

☆ご挨拶

長らく放置しておりました本ブログですが、日常が…いろんな意味で…落ち着いてまいりましたので細々と再開していく前振り的ご挨拶をば。

一昨年の暮れ(平成27年12月28日)、父が他界──その年は年初から入退院を繰り返しておりましたので、気楽に釣りに出掛けるわけにいかず──在宅で楽しめる鉄道模型レイアウトだけは仕事の合間にちょこちょこと手を加えておりましたが、遠方まで出かけることに心理的抵抗があり控えておりました。で、他界後の一年…平成28年中…は多くの後処理を含めた日常の変化、アルツハイマー症の進行が著しい母の世話、父の残した企業の存続等々──ほぼ全ての事柄が私独りに降りかかり超が付くほどの多忙な毎日が続きました。

まぁそんな毎日にブログ更新は埋没してしまったわけですが、何とか最近は落ち着きが出てまいりましたので以前のような更新は無理にしても、鉄度模型に、好シーズン真っ只中の釣りに、日常の愚痴吐きに(笑、本ブログを活用していこうと意図している次第です。

という次第で、今後ともよろしくお願いいたします。






[PR]
by cyclonengine | 2017-04-30 11:43 | ☆鉄道模型製作

☆謹賀新年

a0254664_22424423.jpg
☆新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。


a0254664_2303796.jpg

a0254664_2311060.jpg

a0254664_2313147.jpg

a0254664_2315630.jpg

a0254664_2321982.jpg

☆2015年中に完成目指して頑張ります*アハハ。

[PR]
by cyclonengine | 2015-01-01 00:11 | ☆鉄道模型製作

☆鉄道模型レイアウト [周辺環境整備?]

a0254664_22372597.jpg
△いい加減なマージではありますが、レイアウト全体を見ていただくために……。

☆前回投稿時とさほど進捗しておりませんが、周辺環境は随分整備されました。


a0254664_20491698.jpg
☆床がキレイになってます。以前は生コンうちっぱなし──小石でゴツゴツしていた床にセメントを追加しサンドベージュ色で塗装しました──当然その間レイアウト製作は中止。


a0254664_20545198.jpg
☆本日からレイアウト製作を再開──セメントうち直前に紙粘土で盛った部分も完全に乾き形状を整えたら地面の塗装、レール周辺にバラストを施す(撒く)行程に移行します。が、その前に画面に見えている“HOゲージ”線路を利用して、道路と飛行機滑走路ギミックを仕込むことにしています。……鉄道模型主体のジオラマ製作とするならば(力の入れどころという視点からして)完全に“邪道”なので秘密にしておきたい気持ちがないわけではありませんが、なんといいますか……自分がカッコ良いと思うことにしか情熱(製作意欲)が持続しない性格故にご容赦を。


a0254664_214338.jpg
☆道路には写真(ハンヴィー)のような軍用車両(主にスタッフカーとかトラック)を走らせてみようと考えています。当然スケールは1/48──戦車も走らせてみたいのですが1/48だとキャタピラーが転輪と一体モールドで動かないモデルばかりなので諦めました。フラットカーに載せて運搬するだけにします(残念)──1/35だったら良かったんですが、Oゲージは米国の場合、1/48……車両も航空機もフィギュアもそのスケールで統一します。


a0254664_2153352.jpg
☆これはナイアガラの滝遊覧飛行用へリポート写真(向こうにカナディアン・ナショナル鉄道…Canadian National Railway…の車両が確認できます)で、この写真に刺激されてヘリポートも作ることに(詳細はまたレポートします)。鉄道模型レイアウト(ジオラマ)にヘリポートってのは不似合いかと思う向きもあるでしょうが、この大きさ(6×4メートル)程度のレイアウトだと2階建て以上の建物を置くとこじんまりとしてしまう──より小さく見える──ので、トラス構造以外の建築物は最小限にとどめ、その点において平面的に展開するヘリポートはこのレイアウトに最適な情景となるのではと考えています。

☆ハンヴィーなんぞ走らせる訳ですから“ブラックホークダウン”になってしまうかも知れません(その気満々…アハハ)。ちなみに、アーノルド・シュワルツェネッガーの要請でハンヴィーを民生化した車種がハマー(HUMMER)です。余談ですが自宅近くのナゴヤ球場の球団関係者用駐車場にはハマーが数台停まっています…朝倉投手とか。


a0254664_215026.jpg
☆こちらは“HOゲージ”用ターンテーブル。これを2セット用意──線路で結び下の航空機がプロペラを回転させながら往復運動するギミックを製作します。写真では手回しハンドルがついていますが、モーターで回転するようにします(当たり前でした)。



a0254664_2155648.jpg
☆航空機は交換可能にする予定ですが、まずは“震電”をと──キットは既に購入済み。トラスむき出し構造の格納庫内で方向を変えるいわば“震電秘密基地”。レイアウト中央の滑走路には“パイパー PA-18 スーパーカブ”か“フィゼラー・シュトルヒ”をタキシングさせる予定……キットも購入済み。自動運転可能にするためシーケンス・コントロール用の電機パーツも用意してあります(用意周到でしょ……2週間ジオラマ製作が出来なかったので消費に勤しみました・大汗)。まぁ面白そうだとワクワクしているのは自分だけ……なんでしょうが、結構楽しんで脳内で仕上がりをイメージしています。


a0254664_23582161.jpg
☆道路ギミックで走行させるか、情景モデルとして使用予定のスタッフカー・リスト。タミヤの1/48ミニタリーミニチュアのラインナップでお気に入りをゲットしていたらこうなってしまいましたが、ちょっと揃え過ぎのような気がしないでもありませんね〜(笑)。

[PR]
by cyclonengine | 2014-11-13 21:30 | ☆鉄道模型製作

鉄道模型レイアウト[レール設置作業は完了]

a0254664_2152495.jpg
a0254664_2154561.jpg
☆この後、高架のレールトラックを1セット置きますが、その直前の状態。中央部に人工芝が敷いてあります──これは以前ここに記した通り“飛行場予定地”です。まぁプロペラ機がプロペラ回してタキシングするだけなんですけど。

a0254664_2165950.jpg
a0254664_2172154.jpg
☆で、高架式レールトラックを設置した状態──左から[Oゲージ:3線式]、高架[Oゲージ:3線式]、[Oゲージ:2線式]、[OJゲージ]、[Oゲージ:2線式]──これでレール自体の設置は完了。走行試験も済んでおりまして、個人的には満足できる(列車走行限定ではありますが)仕上がり状態となりました。

☆このレールレイアウト製作を始めた頃は、この状態で完了と思ってましたが、製作を進めるうち、やはりジオラマにチャレンジしたくなってきてしまったのはまぁ自然の成り行き……なんでしょう。なので、薄い(4mm)スチレンボードを張った上にいろいろ積み重ねていこうと考えております。その直前の状態ということでご理解ください。


a0254664_2126983.jpg
a0254664_21141547.jpg
☆自宅から徒歩10分のところに“向野橋”という渡線橋があり、今後のジオラマ製作に役立つかもと先日ロケハンに訪れました。バラストの色などはとても参考になりますね〜。鉄骨構造物が好きな人にはたまらないストラクチャーで溢れているのがナイスです(まぁ軽い鉄骨マニア…僕のことなんですけど)。

a0254664_21185412.jpg
☆“シグナルタワー(シグナルは取り付けてありません)”を組み立て仮置きしてみましたが、それなりに雰囲気が出てくるものではあります。今思い描いているジオラマが完成するのは年明けになる予定ですが、進捗具合はここにレポートしていきますので、ほんの少しだけで構いませんので楽しみにしてください。

a0254664_22352413.jpg
☆釣りに行く時間的余裕が持てずジオラマ用ストラクチャーをゲットして(釣りに行けない)憂さを晴らしておりました(笑)。……楽しみ…ではありますが財政的には厳しいものですね〜鉄道模型って。
[PR]
by cyclonengine | 2014-10-29 21:22 | ☆鉄道模型製作

☆鉄道模型レイアウト[…結局修正]

☆まぁいろいろありまして……。OゲージとOJゲージ混在レイアウト故にご協力をいただいている鉄道模型製作の達人の方々よりのご要望にお応えする必要があるのは当然のこと。「OJゲージ直線部にホームを追加したい」とのことでOJゲージ内側のレール(2線式Oゲージ、3線式Oゲージ)の配置変更。そしてそれに伴う点検用開口部の形状変更──架台も追加・延長する必要があり大工さん的作業が大変ではありました。


a0254664_0232512.jpg
△向こうに見える開口部が前投稿写真より小さくなっているのがご理解いただけるかと。グレー色のレールがだらしなく他のレールに重なっておりますが、グレー色のレールは橋脚を製作しそれに載せる予定です。

a0254664_1805235.jpg
△コントローラーが並んでいるところにモニターが設置してあるのは、左にあるデジカメが捉えている画像を映すタメ。YOUTUBEへアップした動画のように動画撮影時には操作者は隔壁後ろに隠れる訳ですが、その時各列車の速度管理等モニターを見ながらコントロールします。ちょっとハイテク??

☆ハイテク(死語?)といえば、(随分先の話にはなりますが)列車走行の動画撮影ではいろいろ工夫して楽しんで行きたいと考えております。例えば……
a0254664_19535346.jpg
△こんな“カメラ付RCクアッドコプター”なんぞもいずれはゲットして空撮(テイスト溢れる)動画も撮影したいと思う次第。


☆動画撮影し始めると気になるのは(つまりやりたくなるのは)やはりジオラマ(ダイオラマ)。格別出来の良い車両を持っている(製作している)訳でもなく、凝りに凝ったレイアウトでもない現状ではジオラマに力を入れるしかないのかもしれませんが…。Oゲージは1/43〜1/48、OJゲージは1/45…で、HOとかNゲージに比較して素材は入手しづらい側面もありますが、まぁそこは自分勝手な解釈とかこじつけで適度に楽しんで行こうかと。例えばレイアウト中央部には飛行場を作り、1/48プラモデルで好きな飛行機を作ってフィギュアとか情景アクセサリーと共に置いてくとか。もちろん全体的な構想が固まったら“小さなことからコツコツと”の精神で。
[PR]
by cyclonengine | 2014-09-14 18:15 | ☆鉄道模型製作

☆鉄道模型レイアウト[第1ステージ完成]

a0254664_16344451.jpg
△進捗状況:7月中旬
当初の目標レイアウトがほぼ完成した段階。


a0254664_16352526.jpg
△進捗状況:8月上旬
Oゲージ用トラックを追加するため、架台を追加しております。


a0254664_16345738.jpg
△進捗状況:8月上旬
架台追加完了。


a0254664_16371539.jpg
△進捗状況:8月中旬
Oゲージレイアウトを追加設置完了。


a0254664_16453841.jpg
△カブース(車掌車)後部にiPhoneホルダー?を取り付けてみました。カブースが動画撮影車両になった次第──我が車庫に設置した本レイアウトは今後“ガレージ・レイアウト”と呼称することにしたことも併せて表明(どうでも良いことで恐縮)します。複線で種々なる車両を同時走行させる本レイアウトでやってみたかったことが列車に載せたカメラからの動画撮影──今のところiPhoneを使っていますが、近々専用のビデオカムなんぞゲットしていろんなアングルから走行中の撮影を行ってみたいと考えています。


a0254664_176638.jpg
△で、youtubeにアップしたのがこちら[youtube画像をクリックすると別窓で動画スタート]──車掌車のルーフに設置したビデオカム(アクションカム)で撮影──ってな気分を味わってください。最後あたりで最高速度を出しておりますので酔わないようにしてくださいm(__)m。

☆将来的には、走行中の車両に設置したビデオカムの映像をリアルタイムでプロジェクターに投映することまでは実現したいと思っておりますが、いろいろと物入りで予算の方が続くか!が大きな問題として横たわっています。ターンテーブルとか追加したいガジェットもあるし……アクションカムをゲットしてドライフライに飛び出るイワナ撮影したいし……でも釣りに行く時間がない(笑)。

[PR]
by cyclonengine | 2014-09-02 17:10 | ☆鉄道模型製作

☆鉄道模型レイアウト用架台製作……その2

☆今月初めに撮影したレイアウト用架台……レールを仮に載せてみたところ。
a0254664_14312585.jpg
☆外側が“Oゲージ”、内側に一部だけ敷設してあるのが“OJゲージ”。


a0254664_14322189.jpg
☆結構大掛かり(架台の大きさは八畳間より少し小さい程度)ですが、列車を置いてみると「こんなものか…」となること請け合い。──要するに「大きく」感じないということで…。


a0254664_14323623.jpg
☆それでも「引き込み線」とか「ポイント切り替え」など鉄道模型レイアウトとすれば基本的ギミックが装備されてくると早く自作の機関車を走行させてみたくなってきます。完成は未定ですが(何しろ到達点がわかっていない(^^;)、今月末には試験走行的なものは可能になる筈です。
[PR]
by cyclonengine | 2014-06-16 14:32 | ☆鉄道模型製作

☆鉄道模型レイアウト用架台製作…その1

☆ガレージとして使っていた──家業の作業場跡に鉄道模型(Oゲージ/OJゲージ専用)レイアウトを設置することになり、現在鋭意架台を製作中。

a0254664_15174097.jpg
☆Oゲージなので相当大きな架台となります──(長径×短径)は(6メートル×4メートル)──それなりに強固な形材で土台を組み上げることになった次第。


a0254664_15175835.jpg
☆ひょっとしたら延長(拡大?)することもあり得ますが、今のところはこんな全体像になります。


a0254664_1518177.jpg
☆結構広かった作業場跡でしたが、今や狭く見えます。良い季節なのにも関わらず釣りに出掛ける暇を惜しんで作ってきた甲斐があったようで、まだまだ工程は続きますが、個人的にはこれからを楽しみにしています。

[PR]
by cyclonengine | 2014-05-26 17:31 | ☆鉄道模型製作

☆BR Class 03 diesel shunter #2

a0254664_13514588.jpg
△一部取り付けていないパーツがありますが、車台部はほぼ完成──レールに通電すれば小気味良く走行します。


a0254664_1352545.jpg
△上部構造物(スーパーストラクチャー)がないと寂しいわけですが、組立途中ということでご容赦を。

a0254664_13521551.jpg
△違うアングルからもう一枚。

a0254664_13523760.jpg
△スーパーストラクチャー(当然未加工)を乗せてみました。

a0254664_13525523.jpg
△突如と先日入手した英国蒸気機関車モデルのスーパーストラクチャーを米国ディーゼル機関車の車台にのせて撮影──意味はないわけですが、一応お知らせしてみようかと。

☆“LNERクラスA4蒸気機関車4468 マラード”のOゲージ(7mmスケール:約1/43)モデルでございます。

a0254664_13572835.jpg
△“Class A4 4488 Union of South Africa”……同形車両の実物写真です(Wikipediaより転載)。

a0254664_13531248.jpg
△動輪の大きさをご覧ください。迫力満点かと思いますがいかがでしょうか?……当然ですが、右に置いたのはマラード号の動輪。

☆仕掛品ばかり貯まってしまい、一体どうなることやらと思ってしまうわけで──さすがに本人も憂いを感じないわけではないのですが──マラード号は鉄道模型製作を始めた当初よりの憧れだっただけに気長に取り組んでいこうと考えております(と我が身に言い聞かせている次第)。順調に進んだとしても完成まで半年は必要です──気長にお付き合いくださいまし。
[PR]
by cyclonengine | 2014-04-22 13:53 | ☆鉄道模型製作

☆BR Class 03 diesel shunter #1

a0254664_2233842.jpg
☆仕掛品というか製作途上キットばかりで暫く鉄道模型関係の投稿が滞っていたわけですが……。

──2年ぶりに英国製機関車キットを購入し、今のところ順調に組立中……です。


a0254664_224099.jpg
☆6輪(片側3輪プラス弾み車?)をクランクロッドでつなぎ動力を伝える構造はクラシカルでお好み。真ちゅう板を5枚張り合わせて作るクランクロッドの形が良いですね~。


a0254664_2241734.jpg
☆実際の大きさイメージをわかりやすくするタメにiphone5sを横に置いてみました。英国で“シャンター”と呼ばれている本モデル、日本では“入換機関車※”と呼ばれる貨車等の入替専門機関車…基本的に長距離は走りませんので比較的小型の機関車です。


─────

※入換機関車(いれかえきかんしゃ)は、入換作業時に使用される機関車である。他用途(本線走行など)との兼用のものと、入換業務専用のものとがある。

日本国では他に入換機(いれかえき)、入機(いれき)などの呼称がある。北米ではスイッチャー (Switcher)、イギリスではシャンター(Shunter)、オーストラリアではシャンターまたはヤード・パイロット(Yard Pilot)と、他にもスイッチ・エンジン(Switch engine)等とも呼ばれる(「エンジン」は機関車の意)。

その特徴は……

入換業務を主用途とする機関車を入換専用機関車(いれかえせんようきかんしゃ)、入換用機関車(いれかえようきかんしゃ)、入換専用機(いれかえせんようき)などとも呼ぶが、日本の場合、多くは牽引機関車(本線走行用機関車)と兼用である。

また現在ではそのほとんどはディーゼル機関車であり、電気機関車は少ない。

充当される作業の内容から、搭載するエンジンは小出力ながらも、重い列車を迅速に移動するために、発進時から高粘着を発揮してスリップしないよう高トルクを発揮するようにできている。動輪径は小さく、最高速度は低い。

ディーゼル機関車……

ディーゼル機関車の場合、背の高い運転台と背の低いボンネットが組み合わせられ、全周視界を確保している。より強力な粘着力を得るために、モータと走行装置のみを備え、電力は親機から供給されるスラッグも用いられる。ほぼすべてのスラッグは全高が低く、運転台のないものが多い。いずれにしろ、視界を犠牲にせずに前後方向に走行できることが重要である。

1930年代から1950年代に製造された初期のスイッチャーは、より強力な牽引力を得るために、カウ・カーフとよばれる、運転台のある車両とない車両を半永久的に連結したものがあった。スラッグとは異なり、運転台のない車両にもエンジンを搭載していた。

もうひとつ重要なのが、ディーゼル機関車は荷役線での入換が可能であるということである。これは荷役設備や機械が架線に接触する恐れがあるために荷役線に架線が張られていないためで、このようなシーンではディーゼル機関車が欠かせないものとなる。ただし、日本では1986年に日本国有鉄道(現:日本貨物鉄道(JR貨物))の一部貨物駅に「着発線荷役方式」(「E&S方式」ないしは「架線下荷役方式」とも呼ばれる)を導入し始めたため、この方式を施工したコンテナホームでの荷役の際にはディーゼル機関車の使用を省略することができるようになった。

──以上Wikiより引用。

a0254664_2228351.jpg
☆現在でもこんなディーゼル機関車は良く見かけます。いずれ機会を見てJRで現役バリバリで働いている入換機関車模型を作っていこうかと思ってますが、さてどうなることやら……でございます。
[PR]
by cyclonengine | 2014-03-18 22:15 | ☆鉄道模型製作


いろいろあって始めてしまったOゲージ鉄道模型製作LOG/時々FLY FISHING-LOG


by cyclonengine

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
☆鉄道模型製作
◇リアル鉄ちゃん体験
△個人的お祭り(脱線)モード
◎毛鉤釣り/毛鉤巻き
□フィクション

以前の記事

2017年 04月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

岡田裕師のブログ
taro's magaz...
芦毛牝馬の馬耳東風
(続)我流・天声・を・書く
空色ファインダー
鈴木寿のブログ フライ...
行けるとこまで・・。

外部リンク

プロフィール

居住地:名古屋

*Oゲージ専門*
アマチュアモデラー
+++++++++++++++++
素人毛鉤釣り愛好家

◆◇◆ E-mail ◆◇◆

メールくださる際には@(・・)を半角@に置き換えてください。

ブログパーツ

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

最新の記事

☆ご挨拶
at 2017-04-30 11:43
□郵便配達は二度年券を買う
at 2015-05-06 17:19
☆謹賀新年
at 2015-01-01 00:11
△TABLETS
at 2014-12-31 21:23
☆鉄道模型レイアウト [周辺..
at 2014-11-13 21:30
鉄道模型レイアウト[レール設..
at 2014-10-29 21:22
☆鉄道模型レイアウト[…結局..
at 2014-09-14 18:15
☆鉄道模型レイアウト[第1ス..
at 2014-09-02 17:10
☆鉄道模型レイアウト用架台製..
at 2014-06-16 14:32
☆鉄道模型レイアウト用架台製..
at 2014-05-26 17:31
☆BR Class 03 d..
at 2014-04-22 13:53
◎Tiny Bubbles ..
at 2014-03-19 22:48
☆BR Class 03 d..
at 2014-03-18 22:15
◎思惑外れの渓
at 2014-03-03 16:12
△日本丸…NIPPON MARU
at 2014-02-24 20:57
◎再挑戦──再びの渓
at 2014-02-22 19:02

記事ランキング

ブログジャンル

鉄道・飛行機
釣り

画像一覧